株主・投資家の皆様へ

 株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り深く御礼申し上げます。

 当社グループを取り巻く経営環境は、米国の保護主義的な政策の影響や米中の貿易摩擦に対する警戒感、英国のEU離脱問題等により世界経済の不確実性が増していたのに加え、2019年12月以降に発生が報告された新型コロナウイルス感染症の広がりにより世界経済が大きく減速したことにより、足元では先行きを見通せない厳しい状況となっております。当社グループの属する自動車業界の概況も、グローバルで販売・生産台数が落ち込み、先行き不透明な状況となっております。このような情勢の中、当連結会計年度の売上高は、グローバルでお客様の生産台数減の影響を受け85,312百万円(前連結会計年度比5.9%減)となりました。
 営業利益は、海外の売上高減少に伴う利益減影響に加え英国子会社での退職給付費用増等があったものの日本セグメントにおいてコスト低減活動が進んだこと等により、2,159百万円(前連結会計年度比4.9%増)となりました。経常利益は、営業外収益として国内設備投資に関連する補助金収入208百万円を含む475百万円、営業外費用として為替差損137百万円、藤沢物流センター閉鎖に伴う事業所閉鎖損71百万円、北米子会社の取扱製品見直しに伴う在庫処分損60百万円を含む532百万円を計上し、2,101百万円(前連結会計年度比5.5%減)となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は、藤沢物流センター売却等による固定資産売却益1,538百万円等を計上し、1,794百万円(前連結会計年度比72.7%増)となりました。2020年3月期の業績を踏まえ期末配当につきましては、当初予想通りの1株当たり29円とさせていただきます。
 2021年3月期の業績見通しは、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響により、当社グループの主要取引先においても、国内外の生産工場で操業を停止している生産ラインが増えており納入数量の見通しが立たず、当社グループ連結業績予想を算定することが困難であるため未定と致します。今後、連結業績予想の合理的な算定が可能となった時点で速やかに公表致します。

 株主の皆様におかれましては、より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長